ロゴ
HOME>Column>歯科で口腔内トラブルを改善~早めの治療が鍵になる~

歯科で口腔内トラブルを改善~早めの治療が鍵になる~

院内

虫歯がもたらす影響

約45歳以上の日本人の歯は半分が虫歯、または虫歯を治療した歯というデータがあるほど、日本人と虫歯は切っても切れないものです。ただ、これだけ身近な口腔内疾患ということもあり、「たかが虫歯」と侮ってしまう人も多いのではないでしょうか。虫歯は身近な口腔内疾患というだけでなく、場合によっては命を失う危険性さえある、侮れない口腔内疾患でもあります。虫歯を放置すると虫歯菌が血流にのって全身へと運ばれていき、海外では敗血症で死亡例も報告されているのです。日本でここまでの影響をもたらすケースは少ないものの、虫歯菌によって肺炎やと心内膜炎や心筋梗塞の原因にもなります。さらに、強い口臭や歯を失う原因にもなりますし、虫歯菌が顎の骨にまで到達すると激しい炎症を起こす骨髄炎にもなりかねません。西新宿の歯科医院では虫歯治療を行っているので、少しでも痛みなどの異変を感じたら「たかが虫歯」と侮らず、早めに受診しましょう。

歯

放置すると治療が長引く

西新宿エリアには多くの歯医者さんがありますが、一般歯科であれば虫歯の治療は必ず受けられるので、もし痛みなどを感じたら相談してみると良いでしょう。ただ、虫歯は自然と治るものではなく放置すればするほど、症状が悪化してしまう口腔内疾患ですし、また放置すると治療も長引きます。例えば軽度の虫歯だった場合は、虫歯がある部分を削って補綴物を詰めるのが治療の基本で、治療にかかる回数は2回程度です。一方、虫歯を長く放置してしまったケースだと歯の神経をきれいにする根管治療を行い、さらに補綴物を作るという必要が出てきます。歯槽骨まで虫歯菌が達しているとより治療はかかり、抜歯をした上で入れ歯やブリッジ、インプラントを検討しなければいけません。重度の虫歯の場合は根幹治療と補綴物の製作で約4回から5回、抜歯をしたケースになると5回以上の治療は必須です。このように同じ虫歯でも軽度と重度とでは、治療にかかる回数もこれだけ変わってくるので、虫歯は放置しないに限ります。