ロゴ
HOME>Column>周囲の目を気にしない!インビザラインで歯列矯正

周囲の目を気にしない!インビザラインで歯列矯正

歯医者

インビザラインとは

一昔前の歯列矯正といえば、ワイヤー付きの金具を歯に装着するものというイメージがありましたが、現在では矯正治療の方法も大きく変化しています。マウスピースを歯に取り付けたまま、日々を過ごしているだけで歯列矯正ができる、インビザラインという器具を使った、矯正治療を始める方々が増加中です。インビザラインは透明なので、他人と話す事が多い職業の方々であっても、周りの視線が一切気にならないと喜ばれています。名古屋の矯正歯科のように、マウスピースの形の調整を上手に行う歯科であれば、痛みなども感じずに歯並びを綺麗にできます。マウスピースが歯茎に当たって痛みを感じないように、形を微調整する事ができるのも、この治療法の利点です。

治療器具

インビザライン治療の注意点

ある程度の時間をかけて歯並びを整える治療法なので、インビザラインを使った矯正治療を始めた際には、マウスピースを1日に20時間以上は装着してください。もしマウスピースを装着する時間が足りないと、歯並びを綺麗にできないだけでなく、マウスピースと歯並びが合わなくなって痛みを感じる事になりかねません。治療を始めた直後から大きな痛みを感じるので、マウスピースを長時間装着しているのが辛いと感じた際には、すぐに名古屋の歯科に相談する事を推奨します。マウスピースの形を少し変えてもらうだけでも痛みを感じなくなって、気軽に矯正治療を続けられるようになった例も多いです。装着中に食事をしないよう注意が必要で、マウスピースと歯茎の隙間に食べ物が入り込んで、汚れを溜め込む事になりかねません。歯の着色の原因にもなってしまいますから、マウスピースを取り外してから食事を済ませて、その後に歯磨きを行ってください。